昭和7年創業 鈴木和裁
衿【えり】
首の周りを囲んで、前胸元で交差する
細長い部分のこと。共衿と区別する場
合は地衿(じえり)とも言います。
衿巾【えりはば】
衿の幅のこと
袖口【そでぐち】
着物の袖から腕を出すために開いた部
分のこと。
乳下がり【ちさがり】
肩山から、羽織の紐をつける乳の位置
までの長さのこと。
前下がり【まえさがり】
前身丈の裾部分で、脇から衿付けに向
かって斜めに下げて仕立てます。この
部分、及び寸法のこと。
羽裏【はうら】
袷の羽織の裏地に用いる生地のこと。
HOME会社概要サイトマップ
袖付【そでつけ】
袖と身頃が接続する部分のこと。
乳【ち】
羽織の紐を通すために衿につけてあ
る、小さい輪のこと。
返し【かえし】
裾で後見頃を引き返して内側に折り込
んだ部分のこと。
身八つ口【みやつぐち】
身頃の脇の開き、またはその寸法のこと
まち【まち】
羽織の前後の身頃の間につける布のこと
前巾【まえはば】
前身頃の裾の幅のこと。またはその寸
法のこと。
戻る
匠の技
お問合わせ
カートの中を見る
Copyright(C) 2010 鈴木和裁 All Rights Reserved
おしながき
コンテンツ
女物羽織 説明図
特定商取引法
お問合わせ
サイト・プライバシー
営業案内
会社概要
とっぷぺーじ