昭和7年創業 鈴木和裁
HOME会社概要サイトマップ
匠の技
お問合わせ
カートの中を見る
おしながき
コンテンツ
特定商取引法
お問合わせ
サイト・プライバシー
営業案内
Copyright(C) 2010 鈴木和裁 All Rights Reserved
会社概要
とっぷぺーじ
 当社では検反・採寸・裁ち・へら・裁縫・仕上げ・検品までの
 工程を『 仕立て(お仕立て) 』と言います。
 尚、当社でお仕立てする物全てが国内の技能資格を持って
 いる技能士で一針一針丹念に心を込めたお仕立てを致します。
  着物の生地を反物の状態にして蒸気を当て、その生地本来
  の風合などを蘇らせる加工を『 湯のし 』と言います。
  尚、当社では湯のしを二度行います。通常使われる蒸気圧
  より高い物を使用し、より風合をきわ立たせ、生地をよく詰め
  てからお仕立て致します。
  そうすることで、着やすく、着物の裏が袋になり難い良い物が
  できるからです。(湯のしはお仕立てをご注文の方、全員に
  サービスさせて頂きます。)
  着物の天敵である水や湿気から着物を守る撥水加工を当社
  では『 ガード加工 』と言います。
  普通の撥水加工より効果を上げるために加工液の濃度を濃く
  スプレーではなく生地全体を液体に浸けて加工致します。
  さらに、生地が硬くならないよう一枚一枚すべて手作業で自然
  乾燥させていきます。(胴裏・八掛など裏生地への加工は静
  電気が起きやすくなため致しません。)
  ※独自の技法を用いるため写真はお見せできません。

                        
 大島紬・塩沢紬・結城紬などの織物に塗ってある化粧ノリを
 お湯に浸けこんで落とす加工を『 本湯通し 』と言います。
 そうすることでノリ特有のべたつきがなくなり、肌によく馴染み
 ます。さらに当社では硬い織物などは本湯通し後すぐに特種
 な液体(企業秘密)に浸けて肌触りが良いようにしております。
 浴衣などの綿生地に塗ってある化粧ノリをぬるま湯に浸けこ
 んで落とす加工を『 水通し 』と言います。
 そうすることでノリ特有のべたつきがなくなり、肌によく馴染み
 着心地が良くなります。さらに当社では水通し後すぐにツヤ
 出し剤に浸けて、さらに肌触りと見栄えを良くしております。
  着物が出来上がっている状態で洗う『 丸洗い 』とは違い、
  特別な洗剤を水で溶かし、解いた着物の生地を手作業で
  洗うことを『 洗い張り 』と言います。
  洗剤水で洗うことによって、目で見えにくい細かなシミや汚れ
  なども落ち、糸穴などが消え、生地に張りが出て一皮むけた
  ように着物をリセットすることが可能です。
  洗い張りをして細かなシミや汚れを落としてから、一度脱色を
  して違う色に染め替えることを『染め替え』と言います。
  染め替えにも種類があり、当社では2種類ご用意致しました。
  色無地・紬など地模様や生地の風合を生かし柄を関係なく
  丸ごと染めること染め技法を『丸染め』
  訪問着や付下などで刺繍や柄などに染料が入らないよう柄を
  伏せて染めることを『柄伏せ染め』がございます。
  染め技法には、『たき染め(京染め)』を用いております。
  しかも、染色は1色の色を出すために5回に分けて染めます。
  そうすることで、色ムラのない美しく深みと品がある染色に
  仕上がります。
  色ヤケしている所、退色(色あせ)している所に色をかけて、
  元の色に復元させる加工を『 色カケ 』といいます。
  尚、色をキレイに発色させるために予めシミ、汚れなどを
  落としてから加工します。
  (※あまりに色ヤケがヒドイ物は、完全には元に戻りません。)